車査定で一番トラブルが多いのがオンラインと出張買取査定のときの金額の開き!

車査定で一番トラブルとして多いのが、オンライン査定と出張買取査定での買取金額の差かもしれません。

基本的にオンライン査定は、概算の買取金額です。なぜか高めの概算価格が出てくることが多いと思います。

その概算金額に気をよくして、無料の出張査定をお願いすると、物凄く低い買取価格が出てくるわけです。

それで他の買取業者も調べてみようとなるのですが、無料で出張査定でくる営業は『買い取る気持ち』がもの凄いです!

要は、しつこく契約をすすめてくるわけです。

友人の体験談や個人的な経験も踏まえると、買取業者がしつこい場合、買取後(契約後)にトラブルになるケースが多い気がします。

減額とかね・・・ちなみに減額を断ると買取契約無効になるようです。

オンライン査定の概算買取金額を鵜呑みにするのは、止めた方がいいです!

中古車買取相場!今ならいくら?
posted by ガリバー(中古車買取査定) at 12:50 | 車査定のトラブル事例 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自動車のリサイクル料金は、出荷時の装備で金額が異なる!支払いのタイミングは!

2005年からはじまった自動車リサイクル法!今では、全ての自動車にリサイクル料金の支払い義務が発生しています。新車なら購入時に、販売店やディーラーで支払いますが、2004年(平成16年)より前に購入した車は、最初の車検時までに整備業者などに支払う必要があるようです。さらに最初の車検を待たずに売却、もしくは廃車処分する場合、引取業者に支払うことになるようですね。そもそもクルマのリサイクル料金は、最終所有者に支払いの義務が発生するようです。そのため、リサイクル料金を払っていれば、売却する際には戻ってきます。

この部分は注意が必要かもしれません。自動車リサイクルシステムのQAには、こんなことが書かれています。

▼▼▼ここから▼▼▼

中古車売買する場合には、リサイクル料金はどのような扱いになるのですか?

預託済の場合:新所有者(購入者)が旧所有者に車体の価値金額に加えて、リサイクル預託金相当額※を支払う必要があります。これにより、新所有者(購入者)がリサイクル料金を負担していることになります。

▲▲▲ここまで▲▲▲

ただし、当然ですが廃車のときは、戻ってきません!自動車買取査定中古車買取査定の時は、リサイクル料金のことも頭に入れておいた方がいいようですね!さらに事故車買取廃車見積もりの時も考えておきたいものです。この、自動車のリサイクル料金ですが、メーカーや装備で、その金額が変わります。だいたい7000円〜18000円あたりの価格帯が多いようです。この価格は、出荷時の装備と連動しているようですね。バイク買取査定ではリサイクル料金は関係ないのですが、バイクは『二輪車リサイクルシステム』でメーカー希望小売価格にリサイクル料金が含まれているらしいですね!
posted by ガリバー(中古車買取査定) at 15:43 | 自動車リサイクル法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古車売却に必須の必要書類は!破棄・紛失なら再発行(再交付)を!

中古車を売却するには必要書類をそろえる必要があります。例えば納税証明書や自賠責保険証明書ですね!まれに車検証を紛失している方がいるのですが、中古車売却時には必ず必要になるので、紛失物がある場合は再交付や再発行しておきましょう!

そもそもガリバーなどの中古車買取査定は、事故車・不動車・故障車・ローンの残債がある場合まで色んな車を買取査定しますが、実は必要書類の再発行手続きは代行できません。ここは注意しておく必要がありますね!

また、まれに自動車税を納税していない方がいますが、この場合は売却はできません。名義変更には納税証明書が必要になりますので、納税してから買取査定をしましょう。

一般的に軽自動車と普通自動車の売却で一番違う部分は、実印の有無だと思います。軽自動車売却は認印で大丈夫ですが、普通自動車では実印(それを証明する印鑑登録証明書も!)が必要になります。気をつけましょう!

そこで中古車売却での書類関係や再発行方法を簡単に紹介しておきます!

●小型・普通自動車の売却に必要な書類関係
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)自動車納税証明書(本年度分、再発行先→運輸支局の自動車税事務所や都道府県の税事務所)
4)リサイクル券(預託証明書)(再発行先→自動車販売店もしくは『自動車リサイクル料金の預託状況』をプリントアウトでもOK)
5)実印(委任状・譲渡証明書に必要)
6)印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内)
7)委任状(販売店に登録手続きなど任せる場合に必要)
8)譲渡証明書(自動車を第三者に譲渡するとき必要)
9)売却代金振込み口座番号

補足;
意外と困るのがこんなケース!この時は追加で用意!
・1回引越しの場合・・・住民票
・2回引越しの場合・・・住民票の除票
・結婚して姓が変更・・・戸籍謄本


●軽自動車の売却に必要な書類関係
1)自動車検査証(車検証)(再発行先→運輸支局)
2)自賠責保険証明書(再発行先→保険会社)
3)軽自動車納税証明書(再発行先→市区町村の役所内の納税課)
4)リサイクル券(再発行先→自動車販売店)
5)認印
6)売却代金振込み口座番号
posted by ガリバー(中古車買取査定) at 09:16 | 中古車売却のポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古車の買取査定は減点主義!減点対象のポイントはどこ!

一般的に中古車の買取査定は、減点主義なんていわれることがありますね。その中古車の状態をチェックするというより、新車時と比べてどこがマイナスになっているかをチェックしているというのが正しいように感じることもあります。

そこで実際に中古車査定士が中古車を見るポイントというのを直接聞いてみました。買取査定における査定額アップのための参考資料としてください。

総括すると、いかに人気車種でも車の程度や状態が悪ければ査定額が下がるということです。なお反対に、程度がいい不人気車種って査定額が上がるわけでもないですよね・・・

@人気車種
A走行距離
B年式
C色
D車の程度や状態(ボディ、経過年数、エンジン、車内など)

当然ながら買取査定では、いま人気の車種が高値で取引される傾向があります。そのため人気車種のほうが査定額アップにつながりやすいですね。但し、人気車種でもマイナーチェンジ後の方が買取査定では人気があるみたいです。

これは新しいに越したことが無いという考え方なんですが、ヤハリ古い車より評価が高くなりますね。古い車(高年式)は、走行距離が増え、車自体の程度や状態が悪くなるため、どちらかといえば好まれませんね。ただ古い車でも、旧車のようにプレミアが付いている場合は別なんですが!

なお中古車を買う場合のことを考えてみると、走行距離が多かったり、ボディのキズ・ヘコミ・色あせがあったり、さらに内装が汚れていたりする場合は嫌ですよね!買取査定では、こんなことを考えると、価値のある自動車が何かが見えてくると思います。

最後に走行距離についてですが、少ない方が好ましい走行距離ですが、年式に応じた走行距離でないと逆に評価が下がるケースがあります。これは標準の年間走行距離というデータがあるようで、自動車は乗りすぎるのも問題ですが、乗らなさすぎるのも自動車のコンディションを落とす要因の一つとして見られています。年間で1万キロ程度なら標準の範囲かなという気もしますが!ただ軽自動車と普通自動車が同じとも思えませんが・・・
タグ:買取査定
posted by ガリバー(中古車買取査定) at 15:36 | 買取査定のチェックポイント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古車の売却はガリバーの無料買取査定!下取より買取査定のススメ!

中古車<無料>買取査定『ガリバー』中古車の売却にあたりガリバーの買取査定を利用しました。実際には複数の買取査定会社で見積もりをしたんですが、ガリバーが少しですが他社を上回った金額でした。

今回は単に愛車(中古車)の売却が目的だったので買取にしましたが、仮に乗り換える場合でも管理人は買取を利用します。下取だと本当に損することが多いことを知っていますので!人気車種なら買取が便利ですが、人気車種でなくても下取価格よりはマシな金額が出ることが多いですね。

ただ管理人の場合、かなりの台数を乗ってきたこともあり、車の売却に関しては、最近は大手のガリバーを使うことが多いですね。ガリバーの場合、「こんな車が買いたい」というデータが非常に多いこともあり、買取査定でリアルに反応するからです。ただ人気の無い車は、まあまあといった感じですが・・・

中古車の買取査定ならガリバーが便利!


ただガリバーの場合、大手ということもあり対応がシッカリしています。以前、複数の買取査定の会社に同じ質問(売却した車の代金の支払いタイミングについて)したのですが、ガリバーが一番丁寧に答えてくれました。このとき知ったのが、お金のことなのに曖昧に回答する会社があることです。

やはり大手は対応がシッカリして安心して任せられると思いました。これ以来、車の売却はガリバーなんですよね。さらに名義変更など、面倒な手続きも代行できるし、作業が終わると完了通知も送られてくるので安心でした。中古車の売却ならガリバーの買取査定がオススメといえますよ!

あなたの愛車は今いくら?ガリバーのカンタン無料査定
posted by ガリバー(中古車買取査定) at 07:56 | ガリバー中古車買取査定のススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。