自動車のリサイクル料金は、出荷時の装備で金額が異なる!支払いのタイミングは!

2005年からはじまった自動車リサイクル法!今では、全ての自動車にリサイクル料金の支払い義務が発生しています。新車なら購入時に、販売店やディーラーで支払いますが、2004年(平成16年)より前に購入した車は、最初の車検時までに整備業者などに支払う必要があるようです。さらに最初の車検を待たずに売却、もしくは廃車処分する場合、引取業者に支払うことになるようですね。そもそもクルマのリサイクル料金は、最終所有者に支払いの義務が発生するようです。そのため、リサイクル料金を払っていれば、売却する際には戻ってきます。

この部分は注意が必要かもしれません。自動車リサイクルシステムのQAには、こんなことが書かれています。

▼▼▼ここから▼▼▼

中古車売買する場合には、リサイクル料金はどのような扱いになるのですか?

預託済の場合:新所有者(購入者)が旧所有者に車体の価値金額に加えて、リサイクル預託金相当額※を支払う必要があります。これにより、新所有者(購入者)がリサイクル料金を負担していることになります。

▲▲▲ここまで▲▲▲

ただし、当然ですが廃車のときは、戻ってきません!自動車買取査定中古車買取査定の時は、リサイクル料金のことも頭に入れておいた方がいいようですね!さらに事故車買取廃車見積もりの時も考えておきたいものです。この、自動車のリサイクル料金ですが、メーカーや装備で、その金額が変わります。だいたい7000円〜18000円あたりの価格帯が多いようです。この価格は、出荷時の装備と連動しているようですね。バイク買取査定ではリサイクル料金は関係ないのですが、バイクは『二輪車リサイクルシステム』でメーカー希望小売価格にリサイクル料金が含まれているらしいですね!
posted by ガリバー(中古車買取査定) at 15:43 | 自動車リサイクル法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。